優劣をつける美容室

優劣をつける美容室

優劣をつける美容室

お客さんが美容室に対して不満を持つケースの多くは、作ってもらったヘアスタイルが思っていたの大きく異なる、と言う事ですが、それと同じぐらい多いのは、美容師のお客さんに対する態度の問題だと言えると思います。多くは「見下されている」「バカにされている」「上から目線」といった内容ではないでしょうか。そしてその時に「自分は大してその美容室にとって利益をもたらすお客とみなされていないからではないか」と感じてしまう人もいるようです。そんな事はあり得ない、と反論する美容室も有るかもしれませんが、少なからず物凄く大切にされているVIPなお客さんと言うのは各美容室に何人かはいるのではないでしょうか。勿論他のお客さんをその人と比べて優劣をつけるような事をするべきではありませんが、もしも売り上げにはあまり貢献していないお客さんの態度が物凄く美容室にとって迷惑なものだった場合には、思わず「そんなに大したオーダーもしないのに!」と思ってしまう事もあるかもしれませんね。売り上げに対して厳しい状況にある美容室であればなおさら、売り上げに貢献してくれているお客さんを大切にする傾向があるかもしれません。美容室はいくらお客様が神様だ、とは言ってもお店の存続のためには売上第一、と考える事もどうしても必要ですよね。美容室へ行くお客さんは美容室を選ぶことができます。近年では美容室の件数は飽和状態である、と言われるぐらい多くあります。ですからお客さんの方はいくらでも自分の好みの美容室や自分のお気に入りの美容師を探し出す事が出来ると言っても良いでしょう。ですが逆に美容室側は常に選ばれる側ですから、美容室の方で来てもらいたいお客さん、そうではないお客さんを選別する事は基本的にできません。ですがお客さんの中にも色々な人がいます。時には自分がお客さんであると言う立場を振りかざして、様々な要求をしたり美容室に対して大きな態度をするお客さんもいます。そういう美容室にとってはちょっと困ってしまうようなお客さんに対してでも、美容師にとっては「お客様」なんですね。そしてそういうお客さまであっても受け入れなくてはいけない、というその基準は、その美容室の経営状況によって変わってきます。もしも「一人でも多くのお客さんに来てもらわなくては困る」と言う状況の美容室であるならば、例え少々非常識な面のあるお客さんであっても利益をもたらす存在として受け入れなくてはならないかもしれません。ですが既に経営が安定しており、それよりも店内の良い雰囲気を維持する事やスタッフのストレスにまで気を配ることができる余裕のある美容室であれば、困ったお客さんに対する対処法は厳しく出来る可能性がありますね。菊川 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ