予約の電話が苦手

予約の電話が苦手

予約の電話が苦手

「そもそも美容室の予約をするのが苦手なのだ」と言う人も良くいます。美容室の予約の主流と言えば今はまだ電話予約だと思われます。美容室の予約が苦手、というよりは電話そのものが苦手、と言う人は増えていますよね。携帯電話やスマホが普及してからは人と直接電話で話をする機会はぐっと減りました。ましてや知らない人と電話で話す、と言う事は私生活においてはほとんどなくなったように思います。ですからどうやって予約の電話をしてよいのか解らない、と言う人も若い人の中に入るようです。ですが世の中もだんだんとそういう電話を使わないコニュニケーション方法に傾いてきていて、予約の主流もネットに移行しつつあります。ネット予約であるならば、パソコンやスマホを操作すれば空いている美容室も、空いている時間帯も、誰とも会話をすることなく成立させることができます。この方法は美容室側にとってもメリットがあって、いつかかってくるか解らない予約の電話に応対する手間が省けるのです。ネット予約の管理はそのようなシステムがありますから、それを使いこなせば済む様です。変更もキャンセルも簡単に出来るので確かに電話が苦手な人にとっても便利です。味気ないかもしれませんが、いずれは電話予約も無くなってネット予約が主流の時代になるのでしょうね。美容室の予約をしてその時間通りに来店しても、かなり待たされてしまう事ってよくありますよね。もしも自分がお願いした担当美容師が人気の美容師であった場合には、そういう事も覚悟のうえで予約をしなくてはいけません。そういう時の待ち時間の過ごし方、というのはなんとなく複雑なものですよね。そもそも自分はちゃんと予約をしていたしその時間に遅れないようにして来店したのだ、と言う気持ちがありますから、それを待たせるのでは予約をした意味が無いじゃないか、と怒りたくなる気持ちもわからなくは有りません。ですがもはやそういう事が日常化していますし、こればかりは美容師さんも生身の人間を相手位にしているのですから、時間通り何事も運ぶ、という事は逆にあり得ないことかもしれません。ですからそういう寛容な気持ちを持って待ち時間を過ごす事が出来たらよいのですが、なかなかそうはいかないのが日本人の気質と言うものでしょう。そういう時に美容室側が「またせてもうしわけない」と言う事をきちんと表現してくれると少しは気持ちが和らぎますよね。飲み物をサービスしてくれるとか、雑誌などを持って来てくれるなどの気配りがあれば少しは「仕方がないか」と言う落ち着いた気持になれるものですが、そういう予約がずれ込むような時にはたいてい店内が忙しい雰囲気になっていてなかなかそういう気配りが出来ないようですね。自由が丘 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ