転職回数

転職回数

転職回数

美容師を続けていると何らかの理由で美容室を何度も変わることになってしまう事も有ります。美容師の仕事と言うのは自分がいくら思いがあったとしても、自分が店長やオーナーでない限りは、その美容室で求められる働きをしなくてはいけないものです。ですからそういう意味でそりが合わなかったり自分の実力が発揮できない、と感じた時や、自分に見合った報酬を得る事が出来ない、と感じた時には別の美容室へ移ることを考える美容師はおおいものです。当然そういう時には新しい美容室で採用試験を受けることになりますし、履歴書には力歴を記載しなくてはいけません。そういう時には転職回数が多い事は、有利になるのでしょうか、不利になるのでしょうか。一般企業で言えば転職を繰り返している、というのはあまり良い印象にはならない事が多いような気がします。一つの仕事が長続きしない、とみなされるからですね。ですが美容師の場合はそうとは限りません。履歴書の書面で多くの職場が書かれているのを見ただけだと、確かに仕事が長続きしない人、という事になるかもしれませんが、面接でそれがキャリアアップの為、という説明がきちんとできるのであれば、その印象は向上心のある美容師、という事に変える事が出来るかもしれません。人は生身の人間ですから、常に元気よく長年働くことができるとは保障されていません。病気やけがでやむを得ず職を離れなくてはならなくなる人もいます。美容師と言う職業はある意味体が資本です。立ち仕事を続けるためにはそれなりに体力も必要ですし、足腰が丈夫であることも求められますし、水を使う仕事ですから手荒れなどの対策も必要な仕事です。ですから体調が問題で仕事を休んだり、一時休業したりする人も少なくないものです。回復してもう一度美容師として働こう、と思う時には再度採用試験を受けることになる場合が殆どです。そういう時に面接などで「どうして前の美容室を辞めたのか、仕事を休んだのか」と言う質問をされるのは辛いところでしょう。ですが嘘の答えを言う事はますます疑念を抱かせてしまう事になりかねません。本当のことをきちんと話して、なおかつ今の体調は万全である事、かつての症状は完治している事、をきちんと証明できるようにして面接に挑む事が大切でしょう。例えば、何らかの病気や怪我が原因だった場合には、きちんと意思から治癒証明を発行してもらい、面接の時に持参したり、履歴書に添付したりする、といった対策をしておくことが好印象につながると思われますね。二子玉川の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ