スタッフの年齢を確認する

スタッフの年齢を確認する

スタッフの年齢を確認する

美容室の求人に応募しようとする場合には、その美容室の情報を徹底的に調べておくことが必要になると思います。自分が今後働こうとする美容室です。色々な情報を得ておくことで、採用になってから「こんなはずではなかった」と思う事を避ける事が大切でしょう。例えばスタッフの年齢、というのも情報の一つです。最近は求人情報誌だけではなくネット上の情報を利用する事も簡単になってきました。まずは求人情報誌などで気になる美容室の名前をリストアップし、その美容室の事をネットで色々調べる事ができます。スタッフの年齢を知ることで案外その美容室の雰囲気を察する事が出来るものです。例えば若いスタッフばかりの美容室であれば、その美容室では長く働く美容師が少ない、と言う事になります。それはもしかしたら職場環境や給料が良くないので、他の美容室へ出て行ってしまう美容師が多いからかもしれません。逆に女性美容師の年齢が高い場合には、産休や育休の制度も充実しており、居心地が良い美容室だから子育てがひと段落したら戻ってくる美容師が多い、と言う事も考えられます。スタッフのブログなども最近はよくありますから、そういうのを見る事でもスタッフの年齢層や、プライベートの時間の使いかたを知ることができますね。美容室だけで使われる言葉ではありませんが、職場の「定着率」とか「離職率」と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。よく求人情報誌などでも、見かける言葉です。定着率とはその職場で一年間継続して働くことが出来た人の割合の事です。簡単に言えば一年間に100人の従業員の内、何人が継続して働くことが出来たか、という数字ですね。逆に一年間継続して働くことができなかった人、つまり退職した人の割合を示すのが「離職率」と言われています。当然離職率の数字が高い、と言う事は辞めていく人が多い職場、と言う事になり、良い印象ではありませんね。ですから「離職率50%」などと求人情報誌に掲載するような美容室はありません。逆に離職率の低さ、定着率の良さをアピールしている情報や良く目にしますね。ですがそれはあくまでも「割合」であって、実際の人数ではありません。詳しい事を知りたいならば、その美容室の全体のスタッフの人数が何人なのか、と言う事も加味して考えなくてはいけないでしょう。例えば20人中4人が辞めてしまうのと、10人中2人が辞めてしまうのは、率にしたら同じですが、職場の状況としては大きく違うと感じる事が出来るでしょう。そもそも辞める人が多い、という実態をわざわざ情報提供する美容室はありません。数字に惑わされない様にしたいものです。小岩 美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ