指名を続けない理由を考えてみる

指名を続けない理由を考えてみる

指名を続けない理由を考えてみる

「次は他の美容師と指名しようかな」と思う時には、もう一度その理由を振り返って考えてみるのが良いと思います。それは「もしかしたらもっと回数を重ねればその美容師とはとても相性が合うかもしれない」と言う可能性があると思うからです。たとえば他の美容師を指名したい、と思った理由が「あまりにもカットが下手」というような技術的な問題の場合、それは確かにもう指名しない方が良いかもしれません。その美容師の技術が次回までに格段にアップしている、とは思えないからです。ですが「ちょっと思っていたのとは違うヘアスタイルになった」と言う場合、「それでもカット自体は悪くなかった」と思うか「カットそのものも雑だった」と思うのか、考えてみる必要がありそうです。なぜなら「カット自体は悪くは無かったのに、思っていたスタイルにならなかった」というのは、自分が思い描いていた仕上がりのイメージを美容師ときちんと共有できていなかった可能性が大きいからです。初対面の人と話す時のことを考えると解ると思うのですが、最初からうまく会話がかみ合う人、というのはなかないませんよね。話を続けていくうちに「ああ、この人はこういう風に表現するんだな」とか「こういう意味でこの言葉を使っているんだ」と思う事があります。美容師とお客さんのカウンセリングも最初は上手く通じ合えない事が多いのです。

 

もう一度指名してみよう

 

ちょっと仕上がりが思い通りではなかったけれど、接客は良かったしカットの技術も悪くは無かった、と言う事であればその美容師をもう一度指名してみる方が良いと考えます。それはそこからその美容師との関係がスタートする可能性が大きいからです。カット技術などの腕が良い美容師であり接客も不快ではなかったのであれば、その美容師と良い関係を築くことができる可能性は大いにあります。あとはその美容師といかに会話を重ね、自分を知ってもらい、信頼関係を築くか、と言う事なんですね。ですがそれは一度指名をしただけでは不可能な事ですし、一度で判断できる事ではありません。二度目に指名した時におそらくその美容師は「前回の仕上がりは如何でしたか?」と尋ねてくる事でしょう。その時には必ず「どうだったのか」「何が足りなかったのか」「何に困ったのか」と言う事をきちんと伝えてみましょう。そしてそう伝えた内容について今回改善されたヘアスタイルをその美容師が作ってくれたならば、おそらくその美容師とは上手くやっていけると思うのです。初めて担当してもらった時にすべてを判断するのではなく、もう一度指名してみて、きちんと自分の話を聞いて修正をしてくれる美容師かどうか、と言う事を見極める事がその美容師との関係を考える第一歩となると思います。

 

PICK UP SITE !!

二子玉川に行ったらこの美容室に

二子玉川の美容院

 

栄の美容院について

栄にある美容院

 

府中にある美容院とは

府中にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ