寒い季節のオイリー肌はクレンジングに注意

寒い季節のオイリー肌はクレンジングに注意

寒い季節のオイリー肌はクレンジングに注意

本格的に寒い季節を迎えるようになると乾燥に悩まされるようになります。でも人によっては乾燥の季節にもかかわらず皮脂が多くて困っているという人もいるかもしれません。乾燥しやすい寒い季節でも皮脂が多くて困っている人はスキンケアのやり方から見直してみるといいかもしれません。スキンケアなら毎日行っているという人でも正しいスキンケアを行っていないと肌の皮脂は抑えることができません。特にクレンジングのやり方を間違えて皮脂の量が増えてしまう人が多いようです。クレンジングを行うときに重要なことは自分の肌に合ったものを使っているかどうかということです。普段からオイリー肌の人なら老いるタイプのクレンジングではさらに皮脂の量が増えてしまいます。皮脂の量が多いからといって洗浄力の高いタイプでは皮脂のとりすぎになって乾燥肌になってしまう可能性もあります。クレンジングをするときに刺激を抑えて肌をケアするためにはジェルタイプやミルクタイプのクレンジングを使うといいでしょう。洗浄力を抑えたものを使うと肌を必要以上にこすってしまい傷めてしまうという人もいるためクレンジングを行うときには時間をかけすぎないようにすることも大事です。洗浄力とクレンジングの手間のバランスを考えて自分にあったクレンジングを選ぶようにすると皮脂の量を抑えることができるようになります。クレンジングを見直して皮脂の分泌を増やさないような工夫をしてみるといいですよ。肌の乾燥を防ぐためには汗をしっかりとかくということが大事になります。しかし寒い季節になると汗をかくことも減ってしまい肌は乾燥しやすくなります。寒さを感じている体は汗の分泌量を減らしてしまいます。普段生活している中では多少の寒さに耐えることができ、少し肌寒いなと感じても何の対策もせずにそのままにしてしまうことがあります。肌が寒さを感じているということは汗が少なくなり肌から潤いがなくなっていることになります。肌が寒いと感じたときには我慢できる寒さでも何か対策をしてあげないと肌は乾燥してしまうことになります。寒いと感じたときには体温を上げてあげると乾燥を防ぐことができます。厚着をする、暖かい場所で休むといった方法がありますが、一番の方法は運動をすることです。血行が良くなり代謝も上がって汗をかきやすい状態を作れます。汗をかきすぎてしまうとかえって乾燥しやすくなってしまうため、激しい運動ではなく軽い運動で大丈夫です。自分では汗をかいている感覚はなくても肌は汗を分泌してくれます。体が温かく感じている状態なら肌は簡単には乾燥しないということです。寒さを感じたときには意識して体を動かすようにするといいですよ。寒さに慣れてくると多少寒く感じてもそのまま何もしないまま過ごしてしまうことも多くなりますが、肌は乾燥警報を鳴らしている状態です。多少面倒に感じても肌が外気に触れることを防いで冷えないように注意してみてください。行徳 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ