30代の大人女子にしっくりくる髪色は?明るくても上品なカラーを楽しむコツ

30代の大人女子にしっくりくる髪色は?明るくても上品なカラーを楽しむコツ

30代の大人女子にしっくりくる髪色は?明るくても上品なカラーを楽しむコツ

30代になると白髪もちらほら出てきて、ヘアカラーにも気を使いますよね。
20代の頃は大胆な色合いにチャレンジしてきたものの、30代では年齢を意識して落ちついた髪色にする人も多いのでは?
30代という年齢にあった髪色にすることも大事ですが、一番大事なのはいかに自分に似合っているか。
30代に突入したからといって、明るいカラーリングをしてはいけないということではありません。
明るいカラーでも上品に見える色合いもたくさんあります。

 

○30代になってのカラー選びとはどうやるの?

 

20代の時はなかった髪の悩みが増えてくる30代。白髪や髪のパサつきなど、年齢を重ねるにつれて髪に元気がなくなってきているというあなた。
ヘアカラーしたいものの、選び方がわからないという人は、ぜひ次のようなポイントを意識して選んでみてください。

 

・顔色が明るく見えるカラーを選ぶ
・ダメージヘアを目立たなくしてくれるカラーを選ぶ
・時間がたっても長持ちするカラーを選ぶ

 

30代になると、20代よりも肌がくすんできてしまいがち。
髪の色が似合っていないと、顔のくすみをより一層際立たせてしまい、疲れたような不健康な印象を与えてしまいます。
髪の色によって顔の明るさが違って見えるため、少しでも顔の印象が良くなるような髪色を選ぶことも大切です。

 

また、カラーやパーマを繰り返して髪が傷んでしまっている人は、髪が乾燥しやすくパサついて見えます。武蔵浦和で美容師の求人はパサパサした髪も不健康で不潔な印象を与えてしまうので、カラーリングする時は髪のダメージが目立たないような色合いを選ぶといいです。
ダメージの強い人が黒髪にしていると、全くお手入れをしていないように見られてしまうこともあるので、かえって逆効果となります。ダメージが目立つようなら、黒髪よりも茶色に染めた方が自然に見えます。

 

30代に突入したら、20代とは違って髪の色も大人女子に似合う落ちついた印象にしたいというあなた。
しかし、髪色の選び方って意外と難しいですよね。
季節によっても馴染む色が違ってきますし、顔の雰囲気や肌の色、髪質によってもしっくりくるカラーは違ってきます。
今回は、夏にぴったりな明るめのカラーリングをご紹介します。
30代に入ったからといって暗めのカラーにしなければいけないわけではありません。
明るいカラーでも上品な色合いもありますので、ぜひ自分に馴染むような色を探してみてください。

 

○ベージュ

 

髪の色を明るくすると、顔も明るく見えて華やかな印象になります。
特に30代に入ってくると20代ではあまり目立たなかったくすみも出てきてしまうので、暗い色だと顔が暗い印象に見えてしまうこともあります。

 

金髪は派手な印象になってしまうため、30代女子にはベージュカラーをおすすめします。一見明るいのですが、落ちついた明るさで品があります。

 

透明感ある仕上がりにすれば、肌もより白く見えるでしょう。
顔色が悪い女性にもおすすめです。

 

○女性らしいカラーリングをしたい時

 

パっと見の印象を女性らしく見せるなら、アッシュピンクもおすすめです。
ツヤツヤな仕上がりにすると健康的で、上品になります。
美人度もアップするでしょう。

 

○顔のくすみをカバーしてくれるカラーはどれ?

 

肌のくすみが目立っているという方には、10トーンのハニーアッシュに茶色を混ぜた色合いがおすすめです。
ショートボブとも相性があうでしょう。

 

顔色を良く見せるためにも、ハイトーンのカラーを選ぶと効果的です。


ホーム RSS購読 サイトマップ