元の勤め先の業績悪化

元の勤め先の業績悪化

元の勤め先の業績悪化

新しい美容室へ職場を変わることを希望する場合に、元の美容室をどうして辞めたのか、と尋ねられることは必須です。そういう時にもしも前の美容室に対して業績の不安を感じたから、と言う事が理由である場合はその事を率直に理由とする人は多いでしょう。そういう理由であるならば自分に非があって辞めたわけではない、と言う事をアピールする事が出来ると考えるからです。ですがその時に考えなくてはいけないのは、自分は雇われる身であって、決して業績の先行きを語るほどの立場ではない、と言う事です。ありがちなのは、自分を良く見せたいがあまり、元の美容室の事をあまりにも悪く言ってしまう事です。業績不振の理由と言うのは隅々のスタッフには見えてこない事もたくさんあります。それをさも自分はなんても知っているかのように語ることは人として印象が良くありません。そして怖いのは、同じ美容室と言う業界においては、他店の情報と言うのは案外トップレベルの人達は良く知っています。元の美容室の事を悪く話す時にあまりに誇張して話していると、それが事実とは違う、と言う事がばれてしまう事もよくあるようです。相手を悪く言って自分をアピールするのではなくて、あくまでも自分自身の良さを分かってもらおう、という姿勢の方が採用担当者の印象は良いはずです。美容師として採用面接を受ける時には、特に職場を変わりたい、と希望している人にとっては、どうして前の美容室ではダメだったのか、どうして変わりたいのか、と言う事を問われます。もちろんその事は採用する側としてはきちんと知っておきたいところであることは理解できます。ですがこれから新しい美容室で働きたい、と願っている美容師にとっては、過去の事ばかり聞かれるのはけっして面白い事ではありません。むしろ今後自分はどうありたいか、と言う事を話したいと思う事でしょう。そういう時には、面接では自らそういう方向へ話が向くように、仕向ける事も大切でしょう。元の美容室の退職理由を聞かれた時には、理由は簡潔に話し、そのあとで必ず「今後はこのように働きたい」「この美容室ではこういう活躍をしたい」というような、これからの展望について前向きな言葉を添える事が大切でしょう。そのためにはかつての美容室で自分がマイナス評価になるような事があったとするならば、そのことについてはきちんと反省のことばも述べるべきでしょう。その上で今後はその様な事が無い様に心がける、という決意をきちんと相手に伝える事が大切です。起こってしまった事は仕方がありません。肝心なのはそれを乗り越えて今後どうあるべきか、と言う事をきちんと考えているかどうか、と言う事だと面接官も思っているはずです。美容院 原宿 縮毛矯正 髪質改善 ストレートパーマ おすすめ クーポン


ホーム RSS購読 サイトマップ