求人ならハローワーク

求人ならハローワーク

求人ならハローワーク

美容師に限らず求人を出したい、と言う時には、イメージとして求人=ハローワーク、という感覚が昔からありますよね。その理由としてはハローワークというのは昔から絶対的な知名度があります。さらに昔には「職業安定所」と言われていましたが、カタカナの呼び名が付いたことでより明るいイメージになったような気がします。最近では求人を出すのも応募するのもネットの普及によりさまざまな形態で求人や応募が出来るようになったにもかかわらず、それでもハローワークが廃れないのは、そのして無にあると思うんですね。ハローワークはどんな職業であっても一定の手続きをすれば求人の掲載をするのは無料なんですね。それは求人を出す側にしてみたら求人にかける経費がほとんどゼロである、と言うメリットがあるんですね。またかつてはハローワークに行かなければ見る事が出来なかった求人情報も、まずネットで検索して自分の興味にある情報があれば実際にハローワークに足を運んでみる、という効率の良い就活が出来るようになってきました。美容師の求人も例外ではなく、小さな町の美容室などにとっては掲載費を考えれば求人を出すならハローワーク、と思っている所は多いのではないでしょうか。大手の求人情報誌に掲載するには何万と言う掲載費がかかるようですからね。

 

新聞の求人欄

 

ハローワークと同様に昔から求人をするのに役に立っていたのは新聞の求人欄だと思います。ですが最近その様相は変わってきたように思います。景気にも左右されるのですが、かつては新聞の求人欄と言えばかなりの情報量があったと思うのですが、最近は紙面の求人スペースはかなり狭くなったように思います。それは美容室に限らず世の中的に求人の量が減っている、と言う事もあるかもしれませんが、他にも要因があるでしょう。ひとつはインターネットの普及でしょう。そもそも新聞をとらなくても世の中の情報はすべてインターネットで見る事ができるようになったので、そもそも新聞を読まない人が増えたんですよね。特に美容師募集と言った、わりと若い世代に向けての情報はもはや新聞では応募してほしい世代の人には届かないんですね。また美容師に応募しようか、と言う人たちが一番手に取りやすいのは新聞ではなくて求人情報誌です。駅やコンビニで手軽に持ち帰れる求人情報誌は、わざわざ購読料を支払わなくてはいけない新聞よりも若い人たちにとっては身近です。確かに新聞の求人欄への掲載は美容室にとっては経費としては安いのかもしれませんが、その求人の仕方が効果的か、と考えた時にはやはりネットや求人情報誌に負けるのだと思いますね。

 

おすすめサイト

 

綱島で人気の美容院

綱島の美容院

 

溝の口に行ったらここに行こう

溝の口にある美容院

 

カットが自慢の美容院

新小岩の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ