クセ毛になる

クセ毛になる

クセ毛になる

妊娠中の女性は髪の毛に限らず体に色々な変化が起こってくる事は良く知られています。ですから本人も「あれ?」と思うような事がよくあるようです。髪の毛で言えば、自然なストレートヘアだった人にクセが出てきてしまったり、逆にクセ毛がひどかったのが少し納まった、と感じたり、と言う事もあるようです。クセがひどかった人が治ってくるのは嬉しい事ですが、その逆は戸惑ってしまうかもしれませんね。ですがそれも妊娠中の一時的な事だと割り切ってあまり気にしない方が良いですね。妊娠中に髪の毛のくせが強くなったりうねりがひどくなるのは、ダメージなどの影響ではない事が殆どです。ホルモンのバランスが変化したために起こる現象なので大きな問題ではありません。時にはクセ毛が気になった、縮毛矯正やストレートパーマをかけようか、と考える妊婦さんもいるようですが、妊娠中に長時間同じ姿勢で時間のかかる施術をしてもらうのは結構疲れます。また妊娠初期であればパーマ液などの薬剤の匂いで、気分が悪くなる妊婦さんもいるようです。クセ毛は気になるかもしれませんが、妊娠中は少し様子を見ても良いのではないでしょうか。もしも産後もクセが酷くて手入れに困る様であれば、思い切って産後に時間を作って縮毛矯正やパーマを考えるのも良いかもしれません。妊娠中には女性の体の中で様々な変化が起こります。決して病気ではないのですが細かい変化に悩まされる女性も多い様です。髪の毛についてい言われるのは「なんだか皮脂量が増えた様な気がする」という声です。これまで通りにシャンプーやトリートメントをしているはずなのに、なぜだかふんわりと仕上がらない、べた付いた感じが残っている、と言う妊婦さんは多いようです。これも妊娠によるホルモンバランスの変化が原因の様で特に異常ではないのですが、髪の毛がべた付くと言うのはちょと気になりますし、不快なものです。そういう時に対応できるのは使っているシャンプーを変えてみる、と言う事でしょう。妊娠してから起きた体質の変化というのは、多くの人は妊娠後は元に戻ります。ですからそんなに深刻に考える事は無いと思うのですが、夏場に髪の毛がべた付いたりするのは気分もよくないので、美容師さんに相談してみるのも良いかもしれません。洗い上がりがさっぱりするシャンプーを教えてもらうとよいでしょう。ですがそれを気にしてシャンプーの回数を増やしたりするのは逆効果です。皮脂を取り除き過ぎると体は更なる皮脂の分泌が必要だ、と判断してしまうからです。妊娠中の軽い体質変化、と考えてできるだけ気にしない様に過ごすのが一番かもしれません。また妊婦さんなら誰でもこういう症状が出るとも限らない事です。吉祥寺のヘアサロン


ホーム RSS購読 サイトマップ