危険性を理解しておく

危険性を理解しておく

危険性を理解しておく

カラーリングをする、という事に対して、もちろん美容師の技術や使用する薬剤の良し悪しと言う事も有ると思うのですが、まずはお客さんの方でもカラーリングをする事の危険性、染め直しをする事の危険性をよく理解しておくことが必要でしょう。そしてそのためには美容師がきちんと説明をする、という事もとても大切です。特に染直しの危険性については事前に良く説明しなければ、簡単に染め直が出来るとお客さんに思われてしまっては、あとで美容室側とお客さんとの信頼関係が壊れてしまうような事にもなりかねません。そもそもカラーをすると言う事は髪の毛にダメージを与える事であり、染直すとなるとさらなるダメージは免れない事、ですから出来るだけ染め直すのは最悪の場合であり、できるだけ染め直しをしないで済むように最初のカウンセリングをしっかりと行う事が大切でしょう。また気に入らない仕上がりだったから、といって自分でセルフカラーをする事もとても危険だと言われています。セルフカラーは普通でも難しいものですし、ムラになってそまってしまうとその後の美容室でのカラーリングも難しくなってしまうケースが多いと言われています。染め直しを考えるなら必ず美容室に相談するようにした方が良いですね。カラーリングの発色には「絶対この色になる」という事は言えないように思います。どんなに腕のある美容師がどんなに良い薬剤を使った所で、お客さんの髪質やそれまでのカラーリング遍歴などによって発色の仕方は人それぞれです。それに加えてカラーリング後のその人の生活の仕方などによっても色の定着具合が変わってくるとも言われています。ですからカラーリングに絶対はないのだ、という事をお客さんも最初から意識しておかなくてはいけない、と思うのです。例えば明るくなりすぎるのが嫌なのであれば、最悪どれぐらいまで明るくなる可能性があるのか、という事を事前に確認しておくとよいでしょう。気に入らなかったから、といって何度もカラーリングを繰り返す事は髪の毛をかなり傷めてしまうと言われています。そしてその傷んだ髪の毛にさらにカラーリングをすることはさらに髪の毛を傷めてしまうでしょう。ですからカラーリングを染め直す時には慎重になる方が良いでしょう。たとえば明らかに美容室側の施術に問題があった、と思われる時には、同じ美容室で施術をするべきかどうかも考えるべきでしょう。返金だけお願いして別の美容室に相談してみるのも一つの方法でしょう。自分の髪の毛を守るためには客の方も賢くならなくてはいけませんね。町田 美容師 求人


ホーム RSS購読 サイトマップ