機械は融通が利かない

機械は融通が利かない

機械は融通が利かない

人の手によるシャンプーの場合には美容師やアシスタントがその人の頭皮の様子や髪質を見極めてからどころ念入りにマッサージするか、とかどんな薬剤を使うか、と言う事を判断するのだと思いますが、機械の場合は本人の事前申告によりきまっているコースの中からメニューを選ぶことになるようです。例えば水圧、つまり力加減は「強い・弱い」などの選択肢があることでしょう。頭皮の様子に関しても「フケ性」「脂性」などの設定があって、その中から選ぶようになっているのでしょう。それが微妙はさじ加減が必要な時でも、機械は設定された事しか対応できません。もう少し…と思った時でも融通が利かないのが機会と言うものでしょう。いつもの美容師さんの手によるシャンプーよりも時間が短い、と感じた時などは「これで汚れが落ちているの?」と感じる事もあるかもしれませんね。特に襟足など美容師さんでも難しい様なか所に関しては「そんなことが機会にもできるのか?」と思ってしまいますよね。どんなに性能が良くても、画一的にしか対応しないオートシャンプーに対して、やはりなにか違和感を感じたり物足りなさを感じてしまう人は多いかもしれません。美容室へ来る楽しみは美容師さんにシャンプーをしてもらう事なのだ、と思っている人なら尚更でしょう。機械と言うものはどうしても音が出るものです。ですからオートシャンプーの場合もどうしても「機械音」というものが耳の傍でするのは避ける事が出来ないでしょう。これが人の手によるシャンプーだった場合には聞こえるのは水流や排水の音だけだともいます。あとは美容師の話し声や店内の音ですね。ですが耳元で機械音がするともはや美容師の話し声や店内の音も聞こえないぐらいの状況になるのではないでしょうか。それが「うるさい」と感じる人もいるでしょう。そもそも「機械音」というのはそんなに心地よい音ではありませんし「好きだ」「聞きたい」と感じる人は少ないでしょう。特にオートシャンプーを経験したことが無い人が初めて経験すると、その機械の音にとても違和感を感じるのではないでしょうか。ですが人は色々な事には段々と慣れていくものです。おそらく何度かオートシャンプーで洗ってもらううちに気にならなくなるのではないでしょうか。ですがそれはオートシャンプーをしてもらった時に「人の手よりも気持ちが良い」と感じた人だけかもしれません。気持ち良さが機械音の不快感よりも勝るのであれば、気にならないかもしれませんが、やはり人の手の方が良い、と思いながらオートシャンプーをしているのであれば、その機械音がずっと気になり「オートシャンプーをは嫌だ」と思う一つの理由になってしまう事でしょう。美容師 転職 大島 就職 開業


ホーム RSS購読 サイトマップ