結婚しても仕事を続けられるか

結婚しても仕事を続けられるか

結婚しても仕事を続けられるか

女性美容師が働く場所を探す時に考える事は、まず結婚や出産をしても働き続ける事が出来る美容室であるかどうか、と言う事だと思います。どうしても女性は結婚をすると出産や育児と言う問題と向かい合わなくてはならなくなります。どちらも上手く両立させたい、と思っている女性は多いものですが、なかなか今でもうまくはいかないケースが多いようです。ですからまずは女性自身が、結婚したらどうしたいのか、と言う事をきちんとビジョンとして持っておくことが必要でしょう。なぜなら自分が描いたビジョン通りに働くことができる美容師と、そうはいかない美容室があるからです。どの美容室でも妊娠したら簡単に産休や育休がとれる美容室であるとは限りません。むしろその逆の方が多いと言っても良いでしょう。ですからもしも両立させたい、と考えるのであれば求人情報を見る時にはきちんとそのあたりの事を確認しなくてはいけません。その時に役に立つのは、スタッフの年齢層や性別の情報です。子育て中の年代の女性が多い美容室と言うのは、それなりになんらかのフォローや制度があり、出産してもその美容室で働くことができると考える事ができます。もっともスタッフと言っても、一度職を離れて子育てがひと段落した美容師が、別の美容室から職場復帰で新たに雇われているケースも有りますから、確認した方が良いですね。美容室の求人をよく見てみると「独立支援制度あり」と書かれている事があります。これはどういう意味かと言うと、この美容室で働いた場合、その美容師が将来独立を考えるのであれば、うちの店は支援をしますよ、と言う制度なんですね。つまり「うちの美容室で腕を磨いて、将来自分自身の店を持つことはうちの美容室では咎めたりせずに協力を惜しみません」と言う意味ですね。これは本当に独立を目指している人にとってはありがたいことです。ですが美容室側にとってはどんなメリットがあるのだろう?と疑問に思ってしまいますね。実はこれはその美容室において独立の手引きをする事でその美容室のノウハウを引き継いでくれる店長を育てたい、と考えているからなんですね。つまり新しん店長候補を育ててグループ系列の美容室をオープンさせてもらいたい、と言う考えです。ですからその美容室では独立する為のノウハウや資金面での援助などを惜しまずやってくれるケースも有ります。実は美容室を開業するのは美容師としての技術がいくらあってもそれだかえでは到底無理なんですね。資金も必要ですし経営の知識も必要です。そういう事を雇われ美容師として働きながら準備するのはとても大変な事です。この独立支援制度を利用する事で、その負担がいくらか軽減される事はまず間違いないでしょう。与野本町 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ