契約形態

契約形態

契約形態

美容室で働く美容師は、その働き方と言う事も考える必要があります。私達が一般的な美容室で目にする美容師たちは全員がその美容室の正式な社員である、と言う事はあまり無いようです。パートさんだったり、契約社員、委託契約の美容師、など、美容師の働き方にはさまざまな形態があるんですね。ですから逆に言えば美容師として働こうとするときには、どういう働き方を希望するのか、と言う事もきちんと心構えを持っておかなくてはいけません。そしてその働き方がさまざまである上に、各美容室ごとに交わす契約条件の様なものも有ります。きちんと細かいところまで確認する事が必要となるでしょう。例えば「委託契約」という働き方があります。これは美容師はその美容室からお給料をもらうのではなくて、その美容室と言う場所を借りて個人で働いている、と言う事になります。そうなると美容室側は税金の関係などに関しては一切かかわってはくれません。確定申告も自分で行わなくてはいけませんし、業務中に何かがあっても労災の適用はありません。逆に何か美容室内のものを破損したり、と言う事があると損害賠償で訴えられたりもします。つまり美容室側が美容師個人の事は守ってくれない、と言う契約になる訳です。その分働く時間などは自由です。そういった事をよく理解した上で応募や契約をしなくてはいけません。美容師の求人情報を見る時に、美容師としての働き方がどのようになっているのか、と言う事をきちんと見ておかなくてはならないでしょう。美容師として働くのはその美容室の正社員として働くだけではありません。美容室によっては正社員以外にも契約社員として募集しているケースが良くあります。美容室はむしろ一般的な企業と比べたらそういう募集の仕方が多くみられるような気がします。それは体系がしっかりとした一つの会社、というよりも美容室の場合は個人が経営している様な美容室が多く、正社員をたくさん雇っておく余裕が無いところも多いからでしょう。また美容室と言う所は繁忙期と閑散期があります。繁忙期には最大人数の美容師が必要ですが、それだけの人数を常時雇っていると、時期によっては人件費がとても高くついてしまう時期があるようです。必要な時に必要な人数を雇う方が経費の節約になるんですね。ですから短期間の契約社員として募集しているケースも多いようです。逆に美容師の方でも、会わなければ次の更新をしない、という事が出来るので、契約社員としてあちこちの美容室で働いている、と言う美容師も少なくありません。将来自分の店を構えたい、と思っている美容師であれば、あちこちの美容室を渡り歩く事で勉強になる、と言う美容師もいるようです。相模大野 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ