10代で心がけたい肌の老化対策

10代で心がけたい肌の老化対策

10代で心がけたい肌の老化対策

肌の衰えを感じたことのない若い人からすれば、肌の衰えを感じるのは30代からと思うかもしれません。20代と30代の肌は見た感じから若さに違いが出てくるため30代が衰え始める年齢と感じるわけですが、実際に年齢を重ねていくと衰えは20代から感じることが多くなります。目に見える衰えではなく、以前のようなケアでは肌の質感が維持できなくなることを自分が感じる始めるのは20代後半なのです。そのため肌の衰えとは無縁な10代の人も遠くない将来で肌の老化を感じることが多くなるのです。そのため肌の手入れはできるだけ早く行っていくことが必要になります。10代の肌に大人の肌と同じスキンケアは必要ありません。かえって肌を傷めることになります。10代の肌ケアで一番力を入れたいのが紫外線対策です。人間が一生に浴びる紫外線量の60%は10代までに浴びているともいわれています。紫外線は光老化を引き起こし、老化の3大要因の一つとなっています。10代のときにどれだけ紫外線を避けることができたのかということがその後の肌の老化に大きな影響を与えることとなります。紫外線を避けるために外出を避けてしまうと今度は運動不足となり肥満の原因となるため日焼け止めをこまめに塗るという習慣をつけておくといいでしょう。紫外線対策は今後の人生でも常に必要となるため早い段階から紫外線を意識した生活を送るようにすると肌の若さを保ちやすくなります。10代から美容に興味のある人はまず紫外線に注意して生活をするようにしてみてください。20代になると本格的なメイクを覚えるようになり、化粧することが当たり前となってきます。1日の生活の中ですっぴんでいる時間よりもメイクをした状態の時間のほうが長くなってくることもあるため、メイクを覚えると同時に肌のケアについても覚えていかないといけません。メイクのことばかり考えていると肌はすぐにでも老化してしまいます。自分の肌に合う基礎化粧品やスキンケア方法について理解を深めてみましょう。スキンケアが必要になるといっても20代の肌はまだまだ若く、特別なケア方法は必要ないという人もいます。でも年をとったときのことを考えてみると若い時のケアが今後の肌の状態に大きな影響を与えます。皮脂の十分にある状態の肌では保湿に力を入れなくても肌の水分を保ちやすくなります。クリームや乳液は使いすぎてしまうとかえって肌の皮脂が減ってしまう可能性もあるためクリームや乳液を使うときには使いすぎに注意する必要があります。皮脂の量が多くそれ自体が悩みという人が間違えやすいことが洗顔のやりすぎです。洗顔で皮脂を執拗に洗い流そうとすると肌は足りなくなった皮脂を補うために分泌量を増やそうとします。そうなっては皮脂の問題はさらに大きくなるだけです。洗顔をするときには洗顔料の使いすぎ、洗顔回数の増やしすぎといった問題を解決するようにするといいでしょう。若い肌は保って行くことが重要になるため、スキンケアをするときもやりすぎには気を付けいてくといいですよ。大宮 美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ