服装やヘアスタイル

服装やヘアスタイル

服装やヘアスタイル

一般的な会社の採用面接であれば、多くの人たちはスーツで面接に行きますね。ですが美容師などのファッションなヘアスタイルなどの業界では「私服で面接に来てください」と言われる事も多いものです。最近では一般企業でもそのように言う事があるようです。それは一つにはスーツではその人の個性が解らない、と言う事があるのではないでしょうか。特に美容師となると、働き始めてからも服装やヘアスタイルのセンスが問われる職業です。どのようなスタイルで面接を受けるか、と言う所から勝負が始まっていると言っても良いでしょう。その時に考えなくてはいけないのは、まずは自分はお客様の前に出て仕事をするのだ、と言う事ではないでしょうか。よく自分のセンスの良さをアピールしたいがために、とてもその恰好でははたらけないだろう、というようなファッションをして面接に挑む人もいるようですが、それはただ自分のセンスの良さを自慢したいだけに見えてしまう可能性があります。特に専門学校を卒業したばかりの若い美容師たちは、自分のセンスを思いっきりアピールしがちですが、美容師になる、と言う事以前に社会人にになると言う自覚を持つ必要があります。相手を不快にさせるようなファッション、その美容室には全く似つかわしくないファッションをするべきではありませんね。美容師の募集にはまったく新人の美容師を募集する場合と、経験者を募集する場合があります。むしろ即戦力として経験者の美容師を募集する事の方が多いかもしれません。そういう時には必ず面接で聞かれるのは「どうして前の美容室を退職したのか」と言う事です。この質問は他の業界でも転職を希望する人には必ずぶつけられる質問です。なぜなら雇う側からすれば、また辞められては困るからです。辞めるような人を採用するはずがありませんし、何か問題があって退職したのであればその問題が自分の美容室で起こるのも困りますよね。ですからどうして退職したのか、と言う事はどうしても聞いておきたい事柄なのです。ですからその質問を必ずされるであろう、と言う事を想定しておかなくてはいけません。おそらく自ら全面的に自分に非があって退職した、と言う人はいないでしょう。自分で自分の事を「良くない美容師ですよ」と言うようなものですからね。ですが美容室のせいにしてしまうのも考え物です。あたかも自分はやめたかったのではなくて、美容室の方が悪くてやめざるを得なかったのだ、というような言い方をするのはほどほどにしておくべきでしょう。例えば「店長が悪かった」「同僚に良い人がいなかった」などと言う具体的な発言は控えるべきです。同じ業界で転職する以上、どこで話がつながっているかもわかりません。かえってマイナスイメージになってしまうケースはよくあるようです。美容院 ヘアサロン 綱島駅 カラー デジタルパーマ 人気 口コミ 予約


ホーム RSS購読 サイトマップ