どうして髪が薄いとコンプレックスになるのか

どうして髪が薄いとコンプレックスになるのか

どうして髪が薄いとコンプレックスになるのか

そもそも人間にとって髪の毛が薄くなる、というのはどうしてそんなに困った事なのでしょうか。特に男性の皆さんは髪が薄くなる事をとても気にします。ひとつには髪が薄いと実年齢よりも老けて見える、と言う事がありますね。女性の白髪と同じです。良く考えたら誰でも年を取る訳で、少しぐらい実年齢よりも上に見える事をそんなに気にする必要も無いように思うのですが、若白髪とか若禿という部類に当てはまる人たちにとっては本当に深刻な悩みとなるようです。ですが年齢よりも上に見える事がそんなに人として情けない事か、というとそうでもないような気がするんですね。実際に女性たちにとって男性の薄毛というのがそんなにその人を評価するうえにおいて重要な事なのか、と問われると、そうでもない、と答える女性も多くいる様なんですね。たとえば実年齢よりも老けてみられる男性タレントでもそれを売りにしているケースも良くあります。その人が物凄く老け込んでいるように見えるとか、行動までもが老いた感じに見える、と言うような事は無いんですよね。むしろかわいいとか好感が持てる、と人気がある男性タレントもいるぐらいです。それはそのタレントさんがたとえ薄毛であってもハゲであっても堂々とテレビに顔を出して、明るく振る舞っているからではないでしょうか。男性の皆さんの髪の毛の悩み、というと第一に上がるのが薄毛だと思われます。男性自身の声を聴いてみると、薄毛であることがどうしてそんなに悩みなのか、というとやはり女性からモテないのではないか、と言う悩みとなるようなんですね。異性の目を気にしてしまうのは男性でも女性でも同じですが、特に薄毛の男性は「薄毛だから女性にモテない」と言うコンプレックスを抱いている人はかなり多く、そのことが原因で性格自体が卑屈になったり外で活動する事が億劫になったりする人もいるようです。困った事に薄毛の悩みを抱えているにも関わらず、髪の毛の専門家である美容師にすら薄毛に関する悩みを話せない、と言う男性も多いようです。髪の毛の量が気にならなかった頃には美容室でオシャレなヘアスタイルにしてもらっていたけれども、薄毛が気になるようになってからはそういうヘアスタイルにしても似合わないのではないか、と言う不安や、美容室の様なオシャレな場所に自分の様な薄毛の男性が行くのは、歓迎されないのではないか、笑われてしまうのではないか、と言う不安な気持ちが持ち上がってきて、美容室へ行くこと自体が気が重くなってしまう人がいるようなんですね。せっかく美容師と言う髪やヘアスタイルの専門家が身近にいるのに、勿体ない事ですね。富里 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ