カラーリング

カラーリング

カラーリング

妊婦さんの中には妊娠中は匂いなどが気になって美容室へ行くのも嫌だ、と言う人もいますが、全く平気でこれまで通り美容室へも行く事が出来る人もいます。最後までオシャレを楽しめるのは良い事なのですが、自分の身体が楽であることを過信しすぎると思わぬトラブルに合う事があります。自分の身体は平気でも、体の中でひそかにホルモンバランスの変化により体質が変わっている事があるからです。例えばこれまでは平気だった事にアレルギー反応を起こしてしまう事があります。例えばカラーリングです。因果関係は解りませんが、妊娠したとたんにカラーリングでアレルギー反応が出た、と言う人もいます。特に自分で市販薬を購入して染めようとするときには要注意です。どうしても妊娠中は長時間の外出が辛くなりますから、出来るだけ家で簡単に済ませたい、というのは解るのですが、市販薬のカラーリングは刺激も強く、これまでは平気だった人でも妊娠中には過敏に反応するケースも有ると言われています。できれば妊娠中のカラーリングは避けたいところですが、どうしてもと思う人は、まずはパッチテストをきちんとする事を忘れないようにしましょう。髪色にこだわるあまり、アレルギー反応で大変な事になるのは、妊娠中なら尚更大変な事になりますからね。妊婦さんがなかなか体の自由が効かなくなるのは妊娠中期から後期のお腹がかなり出てくる時期ですね。妊婦さん自身はじわじわとお腹が目立ってくるので自分で気が付きにくいのですが知らず知らずのうちに大きなおなかを支えるために体のあちこちでバランスとを取りながら生活していきます。これは実はとても体力を使う事の様です。毎日大きな重たいボールを抱えながら生活している、と想像すると解りやすいかもしれませんね。そうなるとこれまで平気で出来ていたシャンプーやスタイリングなども、とても難しい、と感じる様になります。座っても難しい、立ったままでも難しい、どうすれば楽にできるんだろう?と言う感じになってきます。とにかくこの時期まで来たら妊婦生活もあと一息です。細かい事は気にしないで思い切り楽な様に過ごすのがいちばんです。おそらく仕事をしていた人でもそろそろ産休に入る時期です。そうなったら自分で難しいと思う事、辛いと思う事は、思い切って周囲の人に甘えてしまいましょう。ヘアスタイルも妊婦さんがオシャレをしていなくても誰も「ヘアケアをサボっている」なんて思ったりしません。自分でスタイリングをするのが楽なヘアスタイルにしてしまいましょう。一つにまとめるスタイルでもヘアアクセサリーなどをつけると気分も変わってきますね。大塚 美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ