キャッチコピー

キャッチコピー

キャッチコピー

美容室のキャンペーンでどのうよな事が魅力的であるか?と聞かれても今の時代はあっちでもこっちでも、どこかの美容室がなんらかのキャンペーンを行っているような時代です。ですからいかに自分の美容室へ足を運んでもらうか?と言う事はキャンペーン時代の内容以前にどうやってそのキャンペーンに魅力を感じてもらうか?と言う事が大切になってくるかもしれません。たとえばですが、キャンペーンを告知するキャッチコピーと言うのもとても大切になると思われます。いかに人の心を掴んでそのキャンペーンに参加してみようと思わせるかどうか、と言う事です。そこでも「限定」と言う事が魅力的になってくると思います。魅力的なものもたくさん並んでいると、その価値が薄れてしまいますよね。それと同じで一つの事にターゲットを絞られていると、まさに価値のあることのように思えます。「今まさにくせ毛で困っている人!」と言われたら心当たりのある人は思わず振り向いてしまうと思うのです。またその結果を確実に保証するキメ台詞、というのも有効でしょう。「〇日後に驚きの結果に!」と書かれていたら「必ず決河が出るのだな」という気持にさせる事でしょう。こういうキャッチコピーひとつで、人が振り向くかどうか、と言う事はかなり左右されると思います。美容室の中には、大々的なキャンペーンとはまるで無縁な美容室も有ります。キャンペーンと言う物はそもそも美容室側が損益を覚悟してでも人を集めるために行っているものですから、もしもキャンペーンをやらなくても人が集まってくるのであればそれがいちばんです。キャンペーンを大々的に行っていない美容室、というのは多くは既に顧客が付いているからやる必要がないのです。注目すべきなのは、一度ついた顧客が離れていかない魅力があるから、その美容室はつねに顧客でいっぱいになる訳です。一時的に顧客が付いたとしても、その人達にずっと魅力を感じさせる努力をしていなくては、そういう良い状況はあり得ないでしょう。つまり今いる顧客に対してきちんと努力を惜しまないからこそ、その顧客数を維持できるんですね。たとえばお誕生日のお祝いのメッセージ、利用状況に応じての特典やサービス、などです。そういう努力と言うのは全体的に告知して行うキャンペーンよりもかなり地味で、あまり目につかない努力です。ですがその努力があるからこそその美容室は安定した売り上げを保つことが出来ている、と言えるでしょう。キャンペーンばかりが派手でも、まったく顧客の付かない美容室と言うのもあるようです。逆に顧客が着かないからこそ大々的にキャンペーンばかりが目立っているとも言えるかもしれません。与野本町 床屋


ホーム RSS購読 サイトマップ