カリスマ美容師ブーム

カリスマ美容師ブーム

カリスマ美容師ブーム

カリスマ美容師ブーム

 

一時前までは美容師になりたい、と言う人がとても多く美容室と言う業界では美容室の件数も多ければ美容師を目指す人がとても多かった時代がありました。そのきかっけとなったのがカリスマ美容師ブームだったことを知っている人も今では少なくなったのではないでしょうか。それまではそこまで注目される事のなかった美容師と言う職業が一躍花形な職業となったのはあるテレビ番組がきっかけで、そこでカリスマ美容師ブームと言うのが起こったんですね。この時にとりあげられたイケメンの美容師たちのハサミ捌きやその結果出来上がる素敵なヘアスタイル、そしてそれを作ってもらう事を希望して熱狂する女性たちの姿を見て「自分も美容師になりたい」と思った人、特に男性が美容師を目指す事が多くなったんですね。そしてオシャレな美容室が次から次へとオープンし、美容師は一気になりたい職業ランキングでも上位にランクインするようになったんですね。ところがその後10年ぐらいかけてそのブームは衰退し、オシャレな美容室は次々と閉店に追い込まれました。その背景にはカリスマと呼ばれた美容師が実は無免許だったり、そういう美容室に憧れて行ってみたけれども、うわさに聞くほどの事はなかった、と行ったブームと実態がかみ合わなかったと言う事もあったようですね。

 

美容業界の現状

 

かつてあれほどのブームを放った美容師と言う仕事が、実は今では敬遠されがちになってきた、と言う現状があるようです。実際に美容師業界の経営者の人たちは互いに人材の確保に苦労している、と言う話もあります。今の日本はどんな業界でも人手不足が叫ばれていますが、美容業界もまた例外ではなく、美容師を確保する事がとても難しい業界になりつつあります。不景気だったり世の中が元気のない時には手に職のある人は強い、と言われていますから、美容師と言う職業もそういう技術職に相当すると思うのですが、それでも美容師になることを敬遠する人が増えた背景はどのような事があるのでしょうか。一番問題なのは美容師の離職率だと思われます。美容師は今では離職率がとても高い業界として有名です。つまり働き始めても一年以内に辞めてしまう人がとても多い業界なんですね。それはやむ終えず辞めた人もいるかもしれませんが、「夢に見ていた美容師と言う職業の現実の理想のギャップがあまりにも大きい」と言う事があるようです。オシャレで華やか、異性にモテる、といった過去の美容師の様な活躍を夢見ていた新人美容師たちは、あっというまに長時間労働や低賃金、手荒れや腰痛、厳しい上下関係などに耐えられなくなってしまうんですね。

 

PICK UP!!

篠崎で美容師の求人

篠崎 美容師 求人

 

美容師の求人なら表参道

表参道 美容師 求人

 

横浜で美容師になるなら

横浜 美容師 求人


ホーム RSS購読 サイトマップ