キャンペーンの告知

キャンペーンの告知

キャンペーンの告知

みなさんは、美容室のキャンペーン情報と言うのは、どうやって仕入れているでしょうか。逆に言うと美容室はどうやってキャンペーンをやる、と言う告知をしているのか、と言う事なのですが、この告知方法が良くなければキャンペーン自体が認知される機会が減ってしまいます。自分が今通っている美容室が行うキャンペーンの場合なら、SNSや店舗内の貼り紙などで知ることが出来ると思うのですが、美容室側からすれば今既に顧客となっている人に対してアピールしてもあまり意味がありません。多くの美容室ではキャンペーンをやる一番の目的は、新規のお客さんを獲得したいからです。ですから今その美容室に通っているお客さんに対して告知をしても、効果が無い、と言う事になります。まだこのお店の事を知らない人、知っていても足を踏み入れたことがないお客さんに対して告知をすると言う意識を持たなくてはいけませんね。ですから「何のために誰をターゲットにしたキャンペー何のか」と言う事を意識しないと、その告知方法からして間違ってしまう事があります。もしも既存のお客さん以外に知らしめたいのであれば、フリーペーパーや既存のお客さまからの紹介システム、などを使う方が有効です。キャンペーンする事自体も大切ですが、その告知というのはキャンペーンが成功するかどうかのカギを握っている、と言えるでしょう。みなさんは何か物を購入する場合に、〇〇限定、という言葉に惹かれてつい購入してしまった、と言う経験はないでしょうか。おそらく多くの女性たちはそういう経験があるように思います。細かいところではお菓子やレストランのメニューなどでも「冬季限定」などと季節感を出して限定されていると「今しか食べられない」「今しか手に入らない」という焦った気持からついそちらを購入してしまう、と言う事は良くあると思います。美容室におけるキャンペーンでもこの「限定」と上手く利用している所があります。良く見かけるのは「新規のお客様限定」といった類です。そういう言い回しをされると、人はいかにも自分が選ばれた者のような気分になってきます。ですからこの「限定」と言う言葉を旨くつかえるかどうか、というのはキャンペーンの成功の鍵を握っていると言ってよいでしょう。ですから例えばキャンペーン期間の幅はあまりにも広いよりも短めに設定されている方が良いかもしれませんし、曜日が限られている、というのも何となくそれだけ価値がある事のように感じさせることが出来ると思われます。限定〇名様、とか、先着〇名様、というのも効果がありますね。いくつかの限定された条件を満たした人だけがターゲット、と言われたら、それに当てはまる自分はちょっと人とは違った感じを覚える事ができるでしょう。小岩 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ